Permalink to マイナンバー対策?香港で銀行口座を開設する方法

マイナンバー対策?香港で銀行口座を開設する方法

香港の銀行なら日本円預金もできますし、銀聯対応で日本でもATM出金できますし、ネットバンクでいつでも操作できます。

B!
マイナンバー制度が着々と進んでいますね。
将来的には銀行口座を紐付けして。その人の預金(貯金)口座の残高・資産を全部把握するのが目的みたいですが、今まで「銀行口座を複数持って分散させる」というのがベタな方法でしたが、この方法は使えずタンス預金とかになってしまうんでしょうか。

そもそも普通に生活している分には問題ない

そもそも普通に生活している分には問題ない
脱税でもしていない限り、何か起きるという事は考えられません。あとは副業バレ対策とかでしょうか?
 
しかしちゃんと就労規則に従って、ちゃんと納税していても、政府に全て管理されてしまうというのが、心情的には気持ち悪く避けたいというという声が少なくないのも事実です。

現実的な対策は海外口座orタンス預金(貸し金庫)

タンス預金や貸し金庫を借りて現金を置いておくというのがベタなのでは?的な感じの声がありますが、個人的には不安です。一般的に泥棒や災害などの危険を考えると、安心できないですよね。
 
やはり銀行に預けるのが安心です。しかし日本の銀行には預けたくない・・・だったら海外の銀行口座というのが一番現実的ではないでしょうか?

簡単に口座開設できるのは香港、その次に台湾

状況は常々変化していますが、やはり一番簡単なのは香港だと思います。
香港なら日本円預金もできますし、銀聯対応で日本でもATM出金できますし、ネットバンクでいつでも操作できますし。
 
台湾もオススメみたいですが、自分は持っていません。何度か台湾の銀行に行った事はありますが、日本語ができる行員さんもいるので、その点に関しては台湾の方が気が楽な感じではあります。

人気のHSBCではもう口座開設できない?

ネットではHSBCで個人口座が開設できないという声がチラホラ。逆に開設できると言ってる人もいます。
この情報の差は何??
 
答えは簡単でブランチ(支店)と開設に行った人の英会話スキルの差だと思います。
ですので、海外口座を作りたい人は香港に行って普通に口座開設しに行ってみて下さい。

海外口座を持つのは違法?合法?

答えは簡単で、もちとん合法です。留学生など現地で生活する上で必要であれば口座開設するのは普通の事です。
ただ5000万円以上海外口座に預金する場合は、金融庁に報告義務があります。
 
そんな大金持った事ないので気にしたことはないですが、報告しなかったら罰則あるのかな?
ていうか報告しなくても把握できるなら、報告義務設けなくていいじゃん的な発想があるんですけど、実際把握できないから報告させようとしてるんでしょうね。